パンは作っても借金は作るなという話し

債務整理という言葉を知っていますか?

債務整理とは読んで時のごとく、「債務」=いわゆる借金を「整理」=見直してきれいにするということです。よく聞く話しですが、借金をする人は最初は少額なのですが、それがだんだんと膨れ上がり最後には利子を払うだけで精一杯ということがあります。借金が少額のうちは収入の範囲以内で返済できていたものが、だんだん慣れてくると「もう少し多く」と借金をしていくようになります。そのうち、借金で借金を返すようになったらもうお終いです。

債務が増えて、毎月返済を繰り返しても元本が減らなくなったらもう自力で返済する可能性はなくなります。収入が桁違いに増えたり、借金を一括で返せるようなお金、例えば宝くじにでも当たらない限り返済はできないと考えていいと思います。そうなった人がたどる道は・・、人生を安易に考える人は自己破産をするとか。もしくはさらに行き詰まったひとは犯罪、もしくはもっとヒドイ状況へと進んでいくのです。

債務・借金は、確かに借りたものは返さなければなりません。日本人は総じてそのような真面目な気質が備わっているため、どうしても言われたままお金を支払っていく(借金を返済していく)ものです。しかし、借金を借金で返すなど、膨れ上がってしまった場合は往々にして払いすぎ、返済のし過ぎ、いわゆる過払いになっている可能性があります。

そういった過払いの借金、これまで債務をまとめて整理することで返済の目処が立つことが多々あります。ぜひ一人で悩まずに司法書士などの専門家に相談してはいかがでしょうか?過払い金の無料診断や借金や債務整理の無料相談はほとんどの行政書士が展開しています。相談だけでしたら無料です。まずは一度試してみてください。。


since2005Copyright © 全粒粉で作るパン焼き