全粒粉を使ったパンを作る手順

全粒粉の量はどれくらいか

全粒粉100%のパンなんてとても栄養価が高そうですね、ただやはりそれだと膨らみづらかったり、口の中でぼそぼそとした歯ごたえのパンができあがります。保存も効きにくく翌日にはすぐに味が落ちてしまったりと良いことがあまりありません。

では大体どのくらいが一般的かというと、20~30%がちょうど味わいもあり食べて全粒粉を美味しく感じられる量かと思います。基本は正しいレシピに忠実に作り、徐々に自分の好みの比率を調整してみましょう。

全粒粉パン作りの手順

ボールに強力粉と全粒粉を入れさくっと混ぜあわせます、その後ドライイースト、砂糖、無塩バターと塩を入れて最後に水を入れてよく混ぜあわせます。

生地に多少の弾力が出てきたら、ボールから出して台の上でさらによくこねます。生地が丸く形作れるようになったら、ボールに戻してラップをし60分ほどそのまま寝かせます。

生地が倍くらいに膨らんできたらOKです、その後生地を潰してよくガス抜きをしておきます。

ボールから生地を取り出して平らに伸ばしラップをかけ、今度は40分ほど寝かせて二次発酵させます。その後200度のオーブンで30分程度焼けば完成です。


since2005Copyright © 全粒粉で作るパン焼き