そもそも全粒粉ってなに?

全粒粉とは小麦を細かく砕いた小麦粉です。では普通の白い小麦粉と何が違うのかといえば、小麦の胚乳や表皮、胚芽もすべて含めて粉にすることに大きな違いがあります。

そのため見た目の色は茶色っぽくなりますが、栄養価は多くなり、ビタミンやミネラル、ポリフェノールの量が抜群に高くなります。食物繊維やビタミンも豊富で、非常にヘルシーな食物として長く注目されています。

ただし胚芽油などの影響であまりグルテン形成は良くないので、パン生地を作るときは口当たりを良くするために通常の小麦粉と混ぜて用いることが多くなります。

また、脂肪分が多いため通常の小麦粉よりも保存性が悪くなることも特徴の一つです。

ほかにもある全粒粉のパワー

胚芽に含まれる「小麦胚芽油」には天然ビタミンEを含んでいます。ビタミンEは血行を良くし肌の代謝を高め、小じわなどができにくく肌を守る効果があると言われています。また紫外線からも肌を守り、ソバカスを予防する効果、抗酸化作用があることも特徴の一つです。

全粒粉パンを作れるホームベーカリー

最近のホームベーカリーはほとんどが全粒粉入りのパン作りのメニューを備えています。焼き上げまでには機種により多少のばらつきはありますが、大体3時間半~4時間が一般的な工程時間です。なかなか全粒粉パンがうまく焼き上がらない場合は、ホームベーカリーの価格を比較して購入することも検討してみましょう。


since2005Copyright © 全粒粉で作るパン焼き